« 労働力市場の液状化 | Main

2013.03.29

ネグリ&ハート、酔流亭日乗さんへ

 酔流亭日乗さんのブログに最近掲載されたネグリ&ハートの「コモンウェルス」に関する感想についての、私からのコメントです。
 長すぎて氏のブログからは直接投稿できなかったので(^^;)。

 ・・・・・・・・・・

 マルクスの著作に例えれば、今回の「コモンウェルス」はネグリ&ハートの党宣言ではないかと(^^;)。〈帝国〉が資本論、ないしは経哲草稿(^^;)。
 実はその前にネグり単体の「構成的権力」というのがあるのだけど、私はこれを入れて3部作と思っています。
 一般的には「マルチチュード」を入れてそう呼ばれているようだけど、あれは〈帝国〉の中でのマルチチュード概念をもう少し具体的に解説したようなものかなと。
 一貫して「主体」とは何かということと、それはどうやって創られていくのか=「構成」されていくのかが彼の主要な問題意識のような気がします。

 問題はフーコーの「生権力」概念を現代の困難さの主要な障碍として全面的に適用していることだと思うのです。
 階級闘争における主要な敵は個別資本ではない。部分的な戦術的な闘争を積み重ねるだけでは、敵はするりと身をかわし、根本的な打撃を与えることはできない。と、まぁその通りだと思うのですが、しかし、最初はそこからしか始まらないよねと。
 もちろんそのこと自体ネグリも否定してるわけではないのですが、その個別の戦線を繋げるための媒介というか基底原理は、コモン(共)の創造=愛なんだと(^^;)。ラヴ&ピース(^_^)v。

 ここらあたりで思わずずっこけそうになるのだけど(^^;)、コモン(共)=愛は常に腐敗するものでもあるから、それを「党」でもって本来の創造的なコモンに集約していくんだと。ゆえに「党」の組織原理は民主集中性ではなく、様々な彩りを持った諸戦線を繋ぐ統一戦線的なものでしかあり得ないのだと。

 レーニンと同様に「党」の必要性は認めるのだけど、その中身は唯一無二の指導的前衛党とはかけ離れたものなんだと。
 レーニンの営為は評価するけど、問題はプロ独が民主主義を強化するといった弁証法は間違いである、と。史的唯物論だの弁証法だのといった、これまでの古典的なマルクス主義の「原理」を真っ向から批判した〈帝国〉に比べれば今回の「コモンウェルス」はかなり大人の表現になっているかと思いますが(^^;)、コモン(共)はアウフヘーベンされるものではなく、それ自体を直接組織していくしかないのだということを力説しているように私には読めました。

 で、実はデヴィッド・ハーヴェイの新著「反乱する都市」というのが、このネグリ&ハートの仕事に共鳴しているのが面白いのですよ。
 ネグリ&ハートが広げた壮大な大風呂敷を、都市化(アーバナイゼーション)というキーワードで丁寧にたたみ込んで、そのいくつかのほころびにパッチを当てながら、具体的な革命の展望とその組織論を展開している、と(^^;)。

 この「反乱する都市」を入れて、ネグリ3部作と共に左翼の間に広く議論がわき起これば面白いよなぁと思っているのですが・・・。
 左翼って嫌いなのよね、ネグリが(^^;)。
 だいたい伝統的な左翼にとって不倶戴天の敵であるポストモダンの連中の概念を取り入れるなんて、ということだと思うのですが(^^;)。

 でも、面白いものは面白い(^^;)。

 てなことで。

|

« 労働力市場の液状化 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12765/57061390

Listed below are links to weblogs that reference ネグリ&ハート、酔流亭日乗さんへ:

« 労働力市場の液状化 | Main